極楽せきゅあブログ

ときどきセキュリティ

日本の科学技術・教育関連予算の話

 パスワードを間違えてログインできなかったせいで更新間があいてしまったw>はてな

 

教育関連の予算って防衛関係と丸められて「その他」扱いになってるんだけど(笑)こちらに資料があるね>https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/special/reform/wg2/270828/shiryou2-2.pdf
実は予算額ってあんまり変わってないんだよね(スライド3)。現場からすると大きすぎる額かも知れないけど、微減という範囲ではある。さらに大学生の数ってのを見ると、(間接的なデータなんだけど>https://education-career.jp/magazine/data-report/2019/college-student-transition/)これも変わってない。なのでざっくり言うと教育関連の予算って確保されて底堅さはある。
ただ、↑の内閣の資料スライド2によると社会保障費が恐ろしい勢いで増えているから、税収を増やして支出を削ろうとするのはある意味自然な思考の流れなのよね。社会保障費を削ろうとすると、投票状況からして票減るしね。サンプリングした部分的な数字だけど投票数の調査がある>http://www.soumu.go.jp/main_content/000341053.pdf。これによると49才以下は78565人、50才以上は150541人。倍じゃん(笑)。そりゃ社会保障偏重になるよね。投票率には年代差があることが知られているけど、数の差をこれだけ見せつけられるとねえ。そういう中で教育関連予算がほぼ横ばいというのはむしろ健闘している方と言えるかもしれない。
しかし一方でそもそも絶対額が少ない問題があって(笑)、科学技術関連予算はhttp://www.nistep.go.jp/sti_indicator/2018/RM274_12.htmlによれば

国の経済規模による違いを考慮して比較するために、科学技術予算の対GDP比率を最新年で見ると、日本が0.66%、米国が0.78%、ドイツが0.89%、フランスが0.63%、英国が0.52%、中国は1.05%である。韓国は1.17%と主要国中トップである。

下にフランス、英国が居るのでまぁ悪くは無いけど良いとは言えない。↑の報告によると

2018年の日本の科学技術予算総額は3.8兆円である。科学技術予算は、2000年代に入ると、横ばいに推移していたが、2018年は過去最高値となった。中国は2000年代に入ると大きく増加し、2016年では22.4兆円となった。2012年から米国を抜いて世界トップの規模である。米国は2017年で14.9兆円となっている。ドイツについては2000年代後半から増加し、2017年では3.7兆円となっている。

とある。現状ドイツとほぼ同額だけど、ドイツくらいの対GDP比があったらもうちょいいろいろできそうなんだけどもね。
ってかもっと何とかならねーのと思うのは公的教育費ですかね。GDP比で見る公的教育費は115位>https://www.globalnote.jp/post-1479.htmlhttps://www.globalnote.jp/p-cotime/?dno=1000&c_code=392&post_no=1479を見ると98年からずっと100位付近でずるずる下がってきてる。さらに記事を引くと>https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35255610S8A910C1000000/によると、

2015年の加盟各国の国内総生産GDP)に占める支出割合を見ると、日本は2.9%となり、比較可能な34カ国中で前年に続き最も低かった。OECD平均は4.2%。
一方で、日本の子どもにかかる学校関連の費用の総額は、小学校から大学までで1人当たり1万2120ドルとなり、各国平均の1万391ドルを上回った。教育費が比較的高いのに公的支出の割合は少ないことで、家庭負担に頼っている現状が浮かんだ。

とある。家庭負担。まじかよ。また、

調査は、日本の国公立大学などの授業料は海外に比べて高く、奨学金の利用者が卒業時に抱える負債を返済するのに最長で15年かかっていることも指摘し「加盟国の中で最も重い」とした。

とあるように結局ここに投下する予算が少ないことが響いていて、もともと額を増やさないとどうしようもないんだよね。無償化でどこまで良くなるか。大学院生は無償化対象としない云々ってのがバズってたけども、実際あっしのところで見てるもっと研究すれば良いのになー的な優秀な大学生が院に進まずに就職しているのを見ると、研究を地道に支えるそういう人たちの予算もちゃんと確保して欲しいんだけどねえ。

サイボウズライブありが㌧

3月は別れの季節(本当のお別れは4月だけどw)。使い始めてから早7年。最初にハコを作ったのはおそらく2012年4月1日。4月15日までで全然使えなくなるんですよね。いやーマジでお世話になりました。本格的に使い始めてからは運営の方々にいろいろ無理を言ったりしつつ使い倒してきた感がありますね。今に至るまで大慌てでデータのバックアップをし続けていますが、試しに参加してるハコの数を見てみたら201個もありましたよー。ROMのヤツも多かったんですが、書き込みも相当しましたねー。データ量カウントしたいところだけどまぁ止めとこうw。料金とか気にせずハコをたくさん作れる仕組み(中の人はいろいろ大変だったろうなぁ)にとても助けられました。サイボウズライブ無しではできなかったプロジェクトも多いと思いますね。ありがとうございました。

ドラマを見る時間もあまり無い

ダイヤリーと趣が異なり、ブログではドラマのネタばかり書いてる気がする(笑)。

パーソンオブインタレストはじっくりじっくり見てたんだけど、昨年後半にようやくすべて見終えた。良いドラマであり、良いSFだったなぁ。AIというものに関する考察の踏み込みも良い感じだった。擬人化し過ぎるのがちょっとアレだったけど、ドラマとしては仕方のないレベルかなぁ。擬人化が良い味になってもいたしね。

それにしてもジョンは最後もうちょっと強くても良かったんじゃね?とか思った(笑)。

他はもう録画はしているけど見ないかなぁレベルになってしまった。次のシーズン15で終わるらしいクリミナルマインドも、未だ9くらいまでしか見てないし、Num3ersもしばらく見てない。エレメンタリーも見てないなぁ。

むしろストリーミングの方がチラチラ見てるかも。最近見始めたのがTrue Detective。これはなかなか凄いかも。あとパーソンオブインタレスト繋がりでウエストワールドも確保したし、ミスターロボットも確保して見始めた。SFマガジンが良くなくてw、ストリーミング、ってかNetFlixにおもしろいドラマたくさんあるでーとそそのかされてしまったので、そういうのもチラチラ見てみようかな。いやそんな時間は本当に無い気がするんだけどもなぁ。

撮り鉄ツアー企画

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00245056.html

普段、農家の車が通る脇道に止められていた車のナンバーは、東京や大阪など、長野県以外の車。
地元の住民は「畑の中に入られてしまうとか、ごみを置いていかれてしまうとか。仕事の邪魔をしないでもらいたい」と話した。
さらに、ある店では、客用の駐車場への無断駐車も見られた。
中華料理店の店主は「この車もそうなんですけど、止めるなら、ひと言言ってから止めればいいのに」と話した。
許可もなく、店の駐車場に止められた車。

撮り鉄の狼藉は最近よく見聞きするんだけど、どうにかして馬鹿な撮り鉄を駆逐できないもんかなーって考えて、いっそのことプレミア感の高い撮り鉄ツアーを企画運営すれば良いんじゃないかな?と思いつきました(笑)。
各地の撮影スポットを巡り、そのときだけ特別な列車を走らせる。ツアー客以外は撮影させないようにいろいろ工夫すれば自然と撮影した素材のプレミア感があがるし、作られたツアーを馬鹿にするような撮り鉄も出るだろうけど、周囲に迷惑をかけまくる馬鹿を駆逐するチャンスはかなり増しそう。
公共性の高い場所の場合、ツアー客以外をフィルタリングするのは難しいかも知れないけど、例えば沿線のホテルやオフィスビル、鉄道会社の施設などで撮影することができるツアーにしたら、一般人が入れないのでフィルタリングできるし、プレミア感がさらに増しますね。
あと撮影技術を向上させる教室もセットにすると、一般客も呼び込めそうだし、スキルアップしたい撮り鉄にも良いかも。
逆にこういうツアーにしたら鉄道会社も旅行会社もきちんとビジネスにする方向性が出てくるし、世の中のためにもなるから良いように思うんだけどねー。

有川浩さんの「県庁おもてなし課」が映画化されたときいてふと読み返してみたりしたんですが、その影響でこんなこと考える頭になってました(笑)。自分じゃけっこう良いアイディアだと思うんだけど、まぁそういうの思いついても堀北真希さんが褒めてくれるわけじゃないけどねw。

県庁おもてなし課 (角川文庫)

県庁おもてなし課 (角川文庫)

追記:
おおっと。やっぱ有りましたねそういうツアー(笑)。
西武トラベル、鉄道撮影専門の海外ツアーを企画-第1弾は台湾鉄道 | 旅行業界 最新情報 トラベルビジョン
西武トラベルの鉄道撮影“専門”ツアー~海外編・第ニ弾~|最新鉄道情報|鉄道ホビダス
鉄道写真家山﨑友也氏同行「憧れのスイス鉄道撮影旅行9日間」ツアー開催|鉄道イベント|2012年8月13日掲載|鉄道ファン・railf.jp
でも海外が多いなぁ。日本で日本の鉄道会社と組んでやればいいのに。
国内はぼちぼちですね。
広田泉氏同行の秋田内陸線の旅(ツアー)(2010年2月20日~) - 鉄道コム
広田泉・矢野直美と行く鉄道撮影の旅(ツアー)(2009年12月2日~) - 鉄道コム
どのツアーも特別な列車が走るときとかに設定されていないすねー。そういうときにわき出る馬鹿な撮り鉄が一般客やスポット付近で生活する人たちや、まっとうな撮り鉄の迷惑になってるわけだから、特別な列車の撮影ツアーってのが良いと思うんだけどね。