極楽せきゅあブログ

ときどきセキュリティ

セミナー2連発

なんてこった。
もう来週じゃないか喋るの。
@IT 情報漏えい対策セミナー 防ぐ、見つける、拡散を抑える ―― 現実的な情報漏えい対策とは
しかも↑なんて、杉浦さんの後じゃん(笑)。
こちらは西本さんより先に喋るので、言い逃げできるな(笑)。
情報ライブラリー - 一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)
2日連チャンなのですが、喋るネタをどう変えるか考えてるところです。っていうか難しいよ。

キャンプの話

というわけで、昨日公示されました。
入札公告 「セキュリティ&プログラミングキャンプ2011講習実施業務」に係る一般競争入札:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構
クラス構成が昨年と大きく変わってますが(セキュリティは現状維持+1だけどね)、さてどうなりますかね。

風邪

月曜から、いや日曜くらいからちょっとのどに違和感があって、風邪薬とかで騙し騙しやってきたんですが、一昨日あたりの夜はけっこう酷くなってしまったので、昨日近場のかかりつけの医院に行ったわけです。そしたら午前中はめちゃ混んでて、じじばばじじばばじじばばじじばばって感じでした(笑)。で、かれらは1人あたりの要診察時間がけっこう長く(事情は想像できるけどw)、結局1時間半くらい待ってようやく診察。あっしの場合簡単で、あらかじめ検温してた数値と受付で申告した症状をもとに一言二言先生とやりとりし、聴診器で表裏wチェック、扁桃腺のあたり触診、口の中(のど)確認で終了。5分とかからない(笑)。
出してもらった薬が効いて、午後はゆっくり寝て静養すべーと思っていたら、警察署の行方不明者情報の放送で起こされ(笑)、またまどろんでたら行方不明者が保護されました情報の放送で起こされ(笑)、結局寝そびれて時代小説を読んでしまったのでしたw。

顧客情報狙われまくり

シティでもやられたらしいすね。
世界的に顧客情報(個人情報)を掘り出すのが大ブームになってますが、まさに「祭り」なんでしょうなぁ。先鞭をつけたソニーグループがあまりにもしょぼかったので、「お、あんなんだったらオレでも探せる」的なノリもあるのかも。Webで顧客サービスをやってる大企業は戦々恐々だったりするのかな。
すでに稼働中のシステムから存在するかどうかすらつかめていない脆弱性をあぶり出して改修する、という作業は、焦っている企業にとっては気が遠くなるほど大変で、時間がかかりそうに思えるんじゃないかなあ。
少なくとも、今攻撃が来ているのかどうか検知くらいはしたいだろうし、お手軽に導入できて検知できる仕組みとかあったら欲しいんじゃないかな?WAFとかそういう話だけでなくて。
あるいは、こんな簡単な対策で当座はとにかく凌げる、時間は稼げるというような対策を切望しているような気がしますが、そのような緊急時とりあえず対応って提案できるところあるのかなぁ。
商務省からも対策せい!と言われてるから、喫緊で何かやらにゃーならんのだろうけどね。
http://mainichi.jp/select/today/news/20110610k0000m020023000c.html
金銭的被害の報告も出てきてますなあ。
http://jp.ibtimes.com/articles/19482/20110609/212003.htm

キリンカップ

3-4-3のテストと新しいメンバーのテストを兼ねた二試合。しかしペルーもチェコも普通に良いチームで来てくれたので、ありがたいことです。アフリカとかだったらこうは行かないよなw。
3-4-3って推測だけどアジア対策とかだったりするのかな?アジアでは相手に引かれることも多いし、引かれている中でどう崩すか、ということを考えると、単純に攻める人数を多くして打開できるように習熟しておきたいところだろうし。しかしまだ、手探りだった感じ。
ペルー戦では特に、安田や西が周りも慣れていない(=頭が整理されていない)システムにいきなり組み込まれてかわいそうなところはあったなあ。新メンバーがどのくらいやれるのか、というのは、慣れている戦い方に組み込まれてこそわかると思うんだけど、いかんせん今は試すことができる試合数が少ないから、どうしても新システムへの慣れと新メンバーのテストを同時にやらにゃならん。でも、だとしたらペルー戦あたりでは慣れているシステム使っているときに組み込んであげれば良かったのになあ、でもそうするとキリンカップによくある後半のバタバタ展開で見極めってことになるし難しいかなぁ、なんて思った。
試合数がここまで少なくなると、チャレンジできることがきわめて限られてしまうので大変だよなあ。

無用庵隠居修行

買った本としてメモってなかったけど、たまたま見かけて入手した文春文庫版。
[rakuten:neowing-r:10416756:detail]
短い話が連なってるのでサクサク読めて数時間で読了しちゃいました。いやーおもしろかった。あまり当たり前の展開にならないところもおもしろいし、なによりキャラが立ってて良い感じ。
かえすがえす、惜しい作家を亡くしました。50歳代とは若すぎますよ。